タヲ -TAWOO- の所以



タヲ -TAWOO- は、太鼓というひとつの道で出逢ったもの達が、共にその道を追求し、太鼓を打つことを通して、ひとりひとりが生きる場、を開きたい、と1997年1月に創りました。

太鼓という道、そしてひとりひとりの生きてきた道がそこで出逢い、広がって、また新しい道が開けていくように…TAWOOという名前は、『道』という意味の『タヲ』から名づけました。

タヲのスタイルは、いわゆる伝統的な和太鼓とは、ちょっと違います。伝統的なスタイルが形作られる以前の、もっともっとプリミティブな、太鼓の原点につながる、打ち手の本能的な感性から、自然と生みだされてきた独自のスタイルが特徴です。太鼓が持つ、深くて大きな力、私は太鼓に出逢って、生きること、生かされるということを太鼓に教えてもらいました。もし太鼓と出逢っていなかったら、この人生は大きく違っていただろうな、と感じています。太鼓は自分自身を鏡のように映し出してくれます。太鼓は、みんなをつなぐおおきな根っこがあることを教えてくれます。

kaolysan音は、その根っこを通ってやってくる。音は、私達のからだの中にある鼓動~ビートが紡ぎだす。そこに身を委ね、無心に打つ。ひとつひとつの太鼓の音色を生かし、ハーモニーとグルーヴを生み出していく。太鼓と、音と、人と一体になっていく。そうして太鼓を通して、まるごとの自分自身を表現すること、創造することで、太鼓の音はいのちをもった、その人自身の音色になります。いのちをもったひとりひとりの音をたいせつに思うこと、そこから学ぶこと、与えられることがたくさんたくさんある。それをみんなと一緒にかたちにし続けていくのが、タヲという場です。

誰でもいつでも太鼓を打ちに来れる場、タヲ太皷道場、イベントや学校、施設などでの演奏活動、太鼓ワークショップ、こども向け太鼓道場やワークショップ、コンサートイベントの開催などの、太鼓を軸としたさまざまな活動を展開し、たくさんの方に、太鼓と出逢う機会を提供したいと願っています。

タヲ -TAWOO- 代表 淺野香

inq_bana

コメントは停止中です。